2007年07月05日

黄色い車

今更ながら、ボクの車は黄色。このブログ読んでくれてる人は大抵見たことあるだろうし、乗った事もあるだろう。
全然関係無い話だけど、ウチで黄色い車は3台目、父親がビッグホーンと仕事用のバンで黄色を所有していた。ちょっと変わった家なんだな、きっと。

しかし黄色い車ってのは流行らない。厳密に言うと今は流行らない。
こーゆーのをデータで取ってる所がある。

JAFCA自動車色彩研究所調べ:国内向け国産自動車ボディカラーの変遷

チョー少ねぇの、黄色。

こんなのもある、
ガリバー自動車研究所レポート:2003年の自動車流行色と今後の注目色

なんとなく、日本車の白が多いってのは「車を自己所有する人が減って、社有車として使われている台数の割合が増えてる」って気がしないでもないけど、気のせいかもしれない。

有色車として黄色は意外と優秀。
色あせは、赤、青、黒よりも酷くならないし、黒よりも磨き傷が目立たない。
後ね、デカイ駐車場に行った時にすぐ見つけられる。これ結構大きいメリット。駅みたいな車がたくさん集まる所で待ち合わせする時に分かりやすいし。

ただ以前、「鍵渡すから車行っててよ」「どんな車だっけわかんない」「どんなも何も、黄色い車で中トトロが乗ってるのなんてオレの車だけだよ」「えーアタシ車詳しく無いからわかんない」「あっそ(いやいやいやいや、オレ色とトトロの話しかしてねーし)」って会話をした事がある。

日本車だとコンパクトカーに多く使われる車だけど、ヨーロッパだとスポーティーカーに多用される色だったりする。
『黄色!』って言うよりは、クリームイエローやレモンイエローが多いけど。
ぱっと思いつくだけでも、フェラーリ、ポルシェ、FIAT、BMW、勿論ボルボ、後は細々とした英国系メーカ(ビルダー?)も黄色は出してる。
日本でも、軽く思いつくのは、ちょっと昔のスバルや、マツダ、トヨタのライトウェイトスポーツ、スズキはスイフトなんかに採用されてる。
ただ、いずれも輸出前提の車種っぽい・・・

今の日本は黄色の車はあまり流行らないのかもしれない。あんま黄色い車が大量に走っていても目立たないから困るかもしれないけど。

黄色ってのは注意喚起の色(だから信号にも使われている)なので、初心者走り屋だの、女走り屋には「黄色いの買っておけ」と薦める事があるらしい。
posted by SHo / M.Watanabe at 13:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 乗るモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: いすゞ・ビッグホーンいすゞ・ビッグホーン(BIGHORN)は、かつていすゞ自動車が製造業|製造、販売していたSUVである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}..
Weblog: バストラック・ブランド最新情報
Tracked: 2007-09-29 17:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。